【NFT売買への道①】メタマスクを導入する【超初心者向け】

こんにちは、Webデザイナー・コーダーの後閑です。

今回は仮想通貨を利用するためのお財布(ウォレットであるメタマスクの導入方法を解説していきます。

OpenSea等のマーケットプレイスでNFTの売買をする時には必須のツールになるので、今のうちに慣れ親しんでおくと良いと思います。
メタマスクという仮想通貨ウォレットはChromeブラウザの拡張機能なので、導入するのはとても簡単です。

メタマスクとは

メタマスクは簡単に言うと仮想通貨を使うためのお財布です。
利用料や登録料は一切かかりません。無料です。
OpenSeaでNFTを売買する時に使う通貨として有名なのがイーサリアム(Ethereum)ポリゴン(Polygon)ですが、メタマスクはそれらの通貨を入れるお財布です。

ロゴはこちらのポリゴンスタイルのキツネ。

メタマスクはChrome等のWebブラウザの拡張機能として導入するか、スマホアプリで導入することができます。

Chromeの拡張機能にメタマスクを追加する

Chromeの拡張機能としてメタマスクを追加し、ウォレットを作成します。
スマホアプリにもありますが、導入方法は同じです。

メタマスクを検索する

Chromeの検索窓で検索しても1番最初にヒットしますが、Chromeウェブストアから検索した方が確実なので今回はウェブストアを使用します。
Chromeウェブストアで検索する場合は「METAMASK」とアルファベットで検索しましょう。カタカナだと出ません。
Chromeウェブストア

Chrome ウェブストア

 検索結果

拡張機能に追加する

こちらページに行ったら右上の「Chromeに追加」をクリックすると拡張機能にメタマスクが追加されます。

これでブラウザにメタマスクを追加出来ました。
次は仮想通貨をやりとりするためのウォレットの作成です。

ウォレットを作成する

ウォレットの作成

Chromeに追加すると以下のような画面になるので、右側の「ウォレットの作成」を選択します。

基本的データの収集への同意

品質向上のため、基本的なデータを収集する事への同意を求められますので「同意します」を選択します。

パスワード設定

任意のパスワードを入力します。ウォレットのロック解除に使用します。

ウォレットの保護

ここでは次に設定するウォレットを保護する方法を短い動画で確認できます。内容は
「これから表示される12個の単語(リカバリーフレーズ)を絶対忘れるな!
忘れるとウォレットに何かあった場合復元出来なくなる!
そしてその12の単語は誰にも教えるな!
たとえメタマスクの人であっても!」
と言う事です。
つまり、この12個の単語「リカバリーフレーズ」を聞いてくるサイトがあったら、それは100%詐欺サイトということになります!

12個の秘密のフレーズを表示する

下記のグレーで塗られているエリアをクリックすると12個の秘密の単語が表示されます。
これを紙に書き留めたりスクショしたりして保存しておきます。

秘密のフレーズの確認

今書き留めた秘密のフレーズが空欄の下にランダムに並んでいるので、同じ順番でクリックしていきます。

ウォレット作成完了!

フレーズの確認が出来るとウォレットが作成されます。

ウォレット画面

「すべて完了」をクリックすると以下のような画面になります。
この画面で仮想通貨の送金等の操作を行います。

この画面の上部中央にある「Account1」がアカウト名。
その下の「0xd89…」の部分がウォレットのアドレスです。ここをクリックするとアドレスがクリップボードにコピーされます。
このウォレットに入金する時等に使います。

アカウント名の変更

アカウント名の右の方にある「」をクリックします。
開いたメニューの中から「アカウントの詳細」をクリックします。

背景が暗くなり、真ん中にアカウントの詳細が表示されます。
デフォルトのアカウント名「Account1」の右側に鉛筆のマークがあるのでそれをクリックすると編集できるようになります。
ウォレットを閉じて再度開きたいときは、ブラウザの右上にメタマスクのアイコンが表示されているので、それをクリックするとウォレットが開きます。

アイコンが表示されていない場合は、パズルのピースのアイコンをクリックすると登録されている拡張機能が表示されるので、そこからメタマスクを選択しましょう。
常時表示しておきたい場合は、名前の右にあるピンのアイコンをクリックします。

大きく表示したい場合はウォレットのアカウント名の右にある「」から「ビューの展開」でブラウザ全体に広がります。

以上でメタマスクの導入は完了です。

Polygon(ポリゴン)使用時の注意点!

メタマスクの導入は完了ですが、現時点ではPolygon(ポリゴン)という通貨はまだ使えません。
NFTを販売するにあたり、使用する通貨を選べるのですが、最近は諸々の手数料がかからないポリゴンという通貨で出品する方が増えています(イーサリアムは手数料が高い!)。

ポリゴンでNFTが売れると当然入ってくる通貨はポリゴンになるのですが、ポリゴンは日本円に換金することが出来ません。
ですので一度日本円に換金できるイーサリアムに変換しなくてはいけません。

この変換する作業をブリッジといいますが、このブリッジという作業をせず
コインチェック等の取引所にポリゴンを送ってしまうと、ポリゴンが消滅してしまうので気を付けましょう。
この現象を通称「GOX(ゴックス)」や「セルフGOX」と言われていて、ググるといろんなブログや動画が出てきますが、今の段階ではまだ入れなくても良い知識なので、まずはシンプルにポリゴンはイーサリアムに変換しないと消えるとだけ覚えておきましょう。

それではまた。